本当の終わり





こんにちは

べべです

今回は前置き無しで始まります

そうです!いきなり本題です

そう5月1日GW真っ只中の
仕事終わりの帰宅後に始まります・・

仕事終わりと昨日までの
べべ子との迷いのデートもあり
疲れもありビール一杯で
既にホロ酔いのべべ

そんな中ベベピーナより
メールが来ます

べP「アイタクナイノ?」
べP「モウオワリニシタイノ?」

今のべべの心境は会うとか
終わりにしたいとか
そんな感じではありません

彼女と向き合う以前に
自分の心境の変化を確実に感じており
今更会う気にはなれませんでした

そして1時間ほどメールを無視した後
今度は電話が来ます

べP「ナンデメールミナイノ?」
べべ「気づかなかった・・」
べP「オワリニシタインデショ!」
べP「キライニナッテモイイノ・・」
べべ「・・・・・」
べP「・・・・・」

ベベピーナは泣きながら何か言ってましたが
泣き声の為か何を言ってるか分かりませんでした





そして沈黙の後に
ベベピーナが切り出します

べP「サイゴニアッテハナシシヨ」
べべ「いいよ・・・終わったら教えて」

そして最後の会談が執り行われる事に
なります

まだビール一杯だけですので
仕事が終わる深夜にはお酒も抜けてる
でしょう!

非常に複雑な心境でした・・

べべ子の事・ベベピーナの家族の事・お店の事
お金の事・・・・

問題が多すぎる!!

もはや彼女と向き合う以前に
問題の多さが思考を止めてました

彼女への愛情が有るとか無いとか
そんな話ではありません!!

この先はもう無理だ!!

これがベベの今の気持ちです

この2年近い時間の殆どを
彼女と過ごしてきたのを思うと
どうかと思いますが

解決出来る見込みの無い
問題を前に苦渋の選択です





そして最後の時は来ます

考えにふけながら眠りについて
しまったべべ

そして最後の電話が来ます

べP「ネテルノ?オワッタヨ!」
べP「マッテルヨ・・・」
べべ「分かった行くよ・・」

正直行く事さえためらいました

今会ってしまえば・・・

しかしケジメは大事です

意を決して彼女の待つ場所へ
向かいます

そして久しぶりにあった彼女は
泣き晴らした顔で車に乗り込みます

※恐らくかなりの時間泣いていたのでしょう

車内に沈黙が流れます・・・

しばらく車で走ったあと
コンビニに寄った時についに
その時は来ます





彼女が言ったのは

べP「how did this happenn?]
※たぶん翻訳・・どうしてこうなったの?

あの時お金の話をしなければ・・

お土産の話をしなければ・・・・

投資の話をべべに内緒にしなければ・・

彼女の家族の立ち位置が少しでも
今よりいい状態であれば・・・・・・・

べべは本当は最高の伴侶に出会えたはずでした

でも生粋日本人のべべにはどうしても理解できません

彼女の為のお金ならべべは借金してでも
用意しました!!

でも彼女が要求したのは弟の為のお金です

べべのお金が彼女以外行くのであれば
そのお金はどうしても生きたお金だと思えないのです

それが理解出来ない彼女と
これ以上一緒にいる事が出来ないべべがいます





そして最後の言葉がくちをついて
でます

べべ「終わりにしよう」
べP「・・・・・・」
べP「ナンデ?」
べべ「説明出来ない・・・」
べP「・・・・・・」
べP「ワカッタ・・・・・」

泣きながらべべに抱きつくベベピーナ

べべにはもうどうする事もできません
暫く沈黙の流れたあとで

べべ「もう帰ろう」
べP「ワカッタ・・・」

車はベベピーナの自宅の前に向かいます
その間車中は完全な無言・・・

そして本当に最後の時はきます

自宅前で停車するべべ号

べべ「それじゃ!いままで有難う!!」
べべ「元気で!幸せになって!!」
べP「・・・・・」

車を降りようとしないベベピーナに
べべは促します

べべ「もう終わったんだよ!」
べP「ワカッタ・・ワカッタ・・」
べべ「ありがとう!」
べP「ウン・・・」

そして最後にベベピーナが言ったのは

べP「アイシテル・・デモオワリ・・」
べP「ワカッタ・・シアワセダッタ・・」

涙が出るレベルです・・・





でもこれが外国人と交際するリスクです

ベベはずっと分かってました!!

最後はこうなるんじゃないかって・・・

日本とは基本的に考え方が違います

愛情よりも家族・・・

彼氏よりも家族・・・

女々しいかもしれません!!

でも違うんです!!最後は家族です!!

こうして2年におよぶベベピーナとの交際は
終わりを告げます・・・

これが本当に正しい判断なのか?

今も分かりません!!

色々意見はあると思います

しかしこれ以上踏み込めないべべは
ここで終わりにすることがお互いに最善だと
思いました

こうしてベベピーナとの最後の別れを
果たしました・・・

ブログ閉鎖の危機??

それは違います!!そうご承知のとおり
べべ子との生活が既に始まっております!!

次回以降は完全にべべ子編に移行します!!

こうご期待!!









この記事へのコメント

  • くま

    べべさん、ほんとに愛されていたんですね。
    でも、お金の価値観、大切なものの順番など日本では理解できないことが多いのも事実ですよね。
    次を見つけてから終るのは少しズルい気もしますがそれもまた人生w
    新しいブログ楽しみにしています!!
    2018年05月05日 21:37
  • べべ郎

    くまさん

    こんにちは

    日本人が特別なのかフィリピン人が特別なのか
    分かりませんが

    非常に価値観の違いは厄介です!!

    何が大事かは個々の考えもありますので
    国だけではないように思います

    生まれ育った環境も大きく影響すると思います!!

    お互い今のパートナーを大事に
    してゆきましょう!!


    >くまさん
    >
    >べべさん、ほんとに愛されていたんですね。
    >でも、お金の価値観、大切なものの順番など日本では理解できないことが多いのも事実ですよね。
    >次を見つけてから終るのは少しズルい気もしますがそれもまた人生w
    >新しいブログ楽しみにしています!!
    >
    2018年05月07日 21:54
  • 通りすがり

    それ、弟の事を同じ一人の男として、強くなって欲しい。とか言えば良かったのでは?
    自分も、いずれ同じ様な場面を迎えるかも知れないけど。
    色んな違いがあるし、日本人同士には存在しないハードルもある。
    反対に、日本人にない情熱的な愛情がある。
    自分も先は分からないけど、多分、自分が生きてる中で一番多く「愛してる」と言ってくれて、一番多く「愛してる」と言うのだろうな。と思う。
    国籍や人種、環境や価値観、色々とハードルはあるけど、一番大切なのは、お互いの気持ちだと思う。
    ハードルが無くても愛せなきゃ恋愛にすらならない。
    2018年05月14日 18:45
  • べべ郎

    通りすがりさん

    コメント有難うございます

    ご指摘の通り物事は言いようだと思います
    外国人を彼女に持つという事は様々な障害を抱える事になりますが
    愛情なくしては恋愛は成立しません

    今回のことは自分の未熟さゆえの結果と
    反省しており、今後の糧とさせて頂こうと思っております
    2018年05月15日 08:43
  • 下総のドンファン

    こんな時間に失礼します。

    悲しい。
    別れてしまったのですね。
    残念ですけれど、仕方ないですね。

    でも、最後にきっちりと2人で向き合って別れることができたのは、よかったと思います。

    「アイシテル・・デモオワリ・・」
    「ワカッタ・・シアワセダッタ・・」

    べべピーナさんの最後の言葉に心が締め付けられます。

    べべピーナさん、立ち直れたかなぁ。
    2018年07月09日 02:33

過去ログ

ラベルリスト